正しくまつげエクステを長持ちさせる方法

少しでもまつげエクステを使っていきながらも、長持ちさせていきたいところでしょう。そんな時にメンテナンスを行うことが重要となりますが、そもそもまつげエクステというのは、自分自身のまつげへ接着剤となる特殊なグルーを利用して装着させていきます。これによってグルーが取れることがあったり、自分自身のまつげが多く抜け落ちてしまうことがあります。装着しているまつげエクステも、次第に数が減っていくことでしょう。そして自分のまつげが徐々に伸びていくことで、つけていたまつげエクステが曲がることがあったり、よれるケースもあります。

定期的にまつげエクステをメンテナンスしていくことによって、常にきれいなまつげエクステにキープしていくことができます。方法としては2週間程度の間隔でまつげエクステをメンテナンスしていきます。外れかけている時にははずしておき、隙間の空いてしまっているところへまつげエクステを足すメンテナンスを行うといいでしょう。これだと常にきれいな状態にまつげエクステを維持していくことができます。

まつげエクステ グルー おすすめ 

メンテナンスを行うのがベストですが、常にまつげエクステを外していく時にも意識をしていかなければなりません。強力な接着剤となるグルーを利用して装着していくことになりますが、無理にまつげエクステをはずしてしまうと自分のまつげを抜くことにもなります。また切れてしまうこともあるので、しっかりと専用のリムーバーを活用しながらはずしていきましょう。リムーバーは使い方を間違えてはいけません。目の中へ入ってしまうと非常に危険ですので、資格を持っている方にお願いして施術してもらいましょう。ただ全て1回でまつげエクステをきっちりと付け替えていく必要は一切ありません。根元が取れてしまいそうなものであったり、接着面がまぶたから浮いてしまった状態のまつげエクステを、プロの方に見てもらってメンテナンスを行うようにしましょう。成長していくまつげを知りながら、きっちりとまつげエクステをメンテナンスしていきましょう。